【 更新 】おすすめ記事はこちら

【Illustrator】正方形を立体的に作る

正方形に奥行きをつけた「立方体」を作るには、大きく分けて2つの方法があります。

おなじみの長方形、多角形ツールで、パスをつないだり、図形を重ねたりする方法がひとつ。

もしくは比較的新しい3D機能で、平面から立体にする設定を行う方法のいずれかです。

目次は、正方形の向きによって正面か斜めか、3D機能による斜めかで3つに分けています。

最近流行りのアイソメトリックなデザインにするなら斜めを向いた立方体をご覧ください。

はじめに

平面図形の作り方はこちら。立方体で使うパーツは基本ツールで作成しています。

面ごとに色を分けるときは、ライブペイントツールで塗りつぶすのがスムーズです。

正面を向いた立方体

長方形ツールで正方形を3つ用意。作成したものは、以下のように配置します。

右上が空くように3つ並べる

白い矢印の「ダイレクト選択ツール」でShiftキーを押しながら赤枠をクリック。

そのまま右にスライドして傾きをつけてください。

左上と右上のアンカーポイントを選択

同じようにShiftキーを押しながら「ダイレクト選択ツール」で赤枠をクリック。

そのまま上にスライドして傾きをつけてください。

右上と右下のアンカーポイントを選択

3つのパーツをすべて選択し、パスファインダーの「アウトライン」で合体します。

パスファインダーのアウトラインを選択

アウトライン化で線がなくなるので、線の色と線幅を改めて設定してください。

線幅と線の色を再設定

線を消して、色をつけて奥行きを出すことで、より立体的な正方形になります。

線を取り色をつけた立方体

合体してから色をつけるときは、ライブペイントで塗りつぶすとラクですよ!

斜めを向いた立方体

多角形ツールで辺の数が「6」の図形を作成。回転ツールで「90度」回転します。

六角形を90°回転

そのまま同じものを2つコピーして、以下のように配置してください。

同じものを上と右下にコピー

すべての図形を選択したら「シェイプ形成ツール」を使って不要部分を消します。

Altキーを押しながらクリックすればOK。

シェイプ形成ツールで削除

3つのパーツをすべて選択し、パスファインダーの「アウトライン」で合体します。

パスファインダーのアウトラインを選択

アウトライン化で線がなくなるので、線の色と線幅を改めて設定してください。

線幅と線の色を再設定

線を消して、色をつけて奥行きを出すことで、より立体的な正方形になります。

線を取り色をつけた立方体

合体してから色をつけるときは、ライブペイントで塗りつぶすとラクですよ!

斜めを向いた立方体(3D)

ちなみに「3D」機能を使うと、もっと簡単に作ることができます。

メニューバーの「効果」から「3Dとマテリアル」>「押し出しとベベル」を選択。

押し出しとベベルを選択

オブジェクトタブの「奥行」は、今回は正方形のため、一辺の長さを入力します。

奥行きを200pxに設定

最後に回転の項目にある「プリセット」を「アイソメトリック法 – 左面」に変更。

アイソメトリック法-左面を選択

既に陰影の効果がついているので、色を塗り分けて立体感を出す必要はありません。

色を塗るときは、ツールバーの塗り、線から変えられますよ!

線を取り色をつけた立方体

色を細かく設定したいときは「3D(クラシック)」で作成の上、アピアランスを分割してください。

おわりに

図形に奥行きや色をつけることで、立体的でリアルな見た目になりました。

正面よりも斜め、線あり無色よりも線なしで色のグラデーションをつけた方が、その特長がより明確になります。

自分の作りたいイメージに近いものを選んで、ぜひアレンジを加えてくださいね。

最後に紹介した「3Dとマテリアル」では、細かく色を設定できない点がデメリット

従来ならパス化できるところ、Illustrator2022では画像化されてしまうので注意してください。