【 更新 】おすすめ記事はこちら

【Illustrator】合体や分割で複雑な図形を作るなら「パスファインダー」

以前「図形ツール」と「線ツール」でオブジェクトを作成し、変形や配色などの変更を加えました。

【Illustrator】図形とペンツールでオブジェクトを作って変形する

今回は「パスファインダーを使っていろいろな形を作ります。このツールにある「合体」や「分解」機能を活用すれば、複雑なオブジェクトを作り出すことができます

普段見かける「ロゴ」や「イラスト」は、このような複雑な図形を組み合わせることで、オリジナリティのあるデザインに仕上がっています。

パスファインダーとは

「パスファインダー」は厳密に分けると2種類あり、それぞれ「形状モード」「パスファインダー」と呼ばれています。

メニューバーの「ウィンドウ」>「パスファインダー」でパネルを表示できます。それでは 長方形を2つ作成し、選択した状態にしてください。

パスファインダーをウィンドウメニューから表示

形状モードとは

「形状モード」は以下の4種類です。「パスファインダー」とは異なり、「複合シェイプを作ることができます。

「複合シェイプ」とは、合成前の状態を保ちながら合成したように見せる機能で、オブジェクトを合成した後も複合シェイプの解除で元の状態に戻すことができます。

  • 合体
  • 前面オブジェクトで型抜き
  • 交差
  • 中マド

合体

二つのオブジェクトを合体します。色は前面のオブジェクトに影響されます。

形状モードの合体

前面オブジェクトで型抜き

前面のオブジェクトと重なった部分が型抜きされます。

形状モードの前面オブジェクトで型抜き

交差

オブジェクトが交差した部分だけが残ります。色は前面のオブジェクトに影響されます。

形状モードの交差

中マド

オブジェクトが重なった部分だけが消えます。色は前面のオブジェクトに影響されます。

形状モードの中マド

パスファインダーとは

「パスファインダー」は以下の6種類です。「パスファインダー」は「形状モード」と異なり、複合シェイプはできません。合成、分割後はグループ化されます

  • 分割
  • 刈り込み
  • 合流
  • 切り抜き
  • アウトライン
  • 背面オブジェクトで型抜き

グループ化の解除方法は、オブジェクトを選択した状態で右クリックし、グループ解除を選びます。

グループ化を解除

分割

重なっていたオブジェクトがすべて分割されます。

パスファインダーの分割

刈り込み

背面のオブジェクトから重なっていた前面部分が取り除かれます。

パスファインダーの刈り込み

合流

今回のように色が違う場合は刈り込みと同じ、色が同じ場合は合体されます。

パスファインダーの合流

切り抜き

オブジェクトが交差した部分だけが残ります。色は背面のオブジェクトに影響されます。

パスファインダーの切り抜き

アウトライン

オブジェクトのアウトラインを残し、取り除かれます。線の太さを変更することでわかりやすくなりますよ。

パスファインダーのアウトライン

背面オブジェクトで型抜き

背面のオブジェクトと重なった部分が型抜きされます。

パスファインダーの背面オブジェクトで型抜き

シェイプ形成ツールを使ってみる

同様の作業をシェイプ形成ツールで行うことができます。ツールボックスから同アイコンを選び、矢印にプラスのマークが出た状態でオブジェクト内に線を引きます。これで合体完了。

シェイプ形成ツールを選択

Altキーを押すと矢印にマイナスのマークが出るので、押したまま重なった中心部分をクリックします。中マドができました。

シェイプ形成ツールで中マド

「パスファインダー」の使い方を一通りご紹介しました。「パスファインダー」は「形状モード」と「パスファインダー」の2種類に分かれていて、「複合シェイプ」を使うか考えると全10種類から選ぶ形になります。

今回は長方形ツールをメインで使ってきましたが、楕円形、多角形ツールも取り入れて「ロゴ」や「キャラクター」作成に活かしてくださいね。