【 更新 】おすすめ記事はこちら

【Photoshop】ロック済みレイヤーは「属性」フィルターで抽出・解除する

Photoshopのデザインデータを書き出そう!というときに起こる「選択できない」事件。特に支給されたデータの場合は、自分で作っていないため、原因が分からないことも多々あります。

ただ、これまでの経験では「レイヤーがロックされていた」ことが多かったように思います。

そこで役に立ったのが、レイヤーパネルにある「属性」フィルター。初期状態では「種類」と表示されている箇所です。

ドロップダウンで「属性」を選び、右側に表示されたサブメニューから「ロック済み」を選択することで対象のレイヤーが抽出できます。

以下にまとめているので、画像を見ながら順を追って設定してみてください。

レイヤーパネルで属性を選択

レイヤーパネルの「種類」をクリックし、メニューから「属性」を選びます。

レイヤーパネルで属性を選択

右側に表示されたサブメニューから「ロック済み」を選びます。

右側のサブメニューからロック済みを選択

ロック済みレイヤーを解除

対象が絞られ、ロック済みのレイヤーがパネルに並びます。ロックのアイコンをクリック。

対象レイヤーのロックアイコンをクリック

ロック済みのレイヤーがなくなりました。これで選択したレイヤーが解除されているはずです。

ロック済みのレイヤーがない状態

作業完了後は初期値に戻す

作業終了後は初期値の「種類」に戻してください。

作業完了後は初期値の種類に戻す

戻していない場合、ロック済みのレイヤーなど対象がないと以下のようなエラーが表示されます。

初期値に戻さなかったときのエラー

おわりに

いかがでしたか?これで「レイヤーが選択できない!」という問題はだいたい解決するのではと思います。

経験則になりますが、明確なレイヤー分けがされていない、命名ルールがないタイプのデザインで起こりがちでした。デザイナーとしては自分も気をつけようと思う次第です。

問題なく書き出せるのが一番ですが、困ったときは迷わず今回のツールに頼りましょう!