Twitterでブログ更新情報を配信中

はじめてのGoogle広告。キャンペーン設定までの流れ

ブログやサイトを自然検索で上位表示させるまでには時間と根気が必要ですよね。ある程度アクセスが得られ、分析できるようになってくると、次はどこを改善しどう伸ばしていこうか考えるようになります。そんなときに試したいのはGoogle広告です。

例えば新聞や雑誌の下部、見開きにある商品情報、テレビであればCMなどこれらはすべて広告にあたります。わたしたちは広告を見ることで気になる商品、話題のサービスを知り、詳しく調べたり実際に購入したりとさまざまなアクションをとります。

同じように、Google広告とはインターネット広告のひとつで、 広告を見たターゲットユーザーに行動を促すことを目的とした宣伝活動をいいます。

それではインターネットの広告とは具体的にどの部分を指すのでしょうか。ブラウザを開いていっしょに見ていきましょう。

インターネット広告とは

「Google広告」とブラウザで検索すると下記のような結果が表示されました。一番上の記事をよく見るとタイトルの下に広告と書かれていますね。このように赤枠で囲われた部分のことをインターネット広告といいます。

メリットとしてはまず獲得したいターゲットを細かく設定できるため、効率のよいアプローチができる点です。そして得られた効果を測定分析することが可能なため、先述したほかの広告よりも費用対効果を考えながら運用できる利点があります。

今回は最も有名なGoogleが提供している広告出稿サービス「Google広告」をメインにとりあげていきます。

ブラウザのインターネット広告

Google広告とは

Google広告とは旧Google Adwordsのことで、2018年7月に名称が今のものへと変わりました。

広告は主に2種類に分けられます。ひとつはGoogleの検索結果の上部に表示されるリスティング広告、もうひとつはGoogleと提携しているサイト(Google Adsenseによる掲載など)に表示されるディスプレイ広告になります。

料金体系としてはクリック課金型で、キーワードの入札価格にクリックされた回数をかけた金額が費用となります。1か月の上限額を決めることができ、低予算ではじめられる魅力があります。

このほかにもGoogle Analyticsをはじめとする各種分析ツールとの連携、またGoogleキーワードプランナーによるキーワードの調査、選定サポートも無料で受けられますから、はじめて広告出稿する方も安心して始められますよ!

Google広告をはじめてみよう

Google広告の公式サイトにアクセスし、ログインします。Google広告の利用にはGoogleアカウントが必要になります。予め準備をお願いします。

Google広告の公式ページ

キャンペーン設定の画面に移ります。自分に最も近い目標を3つの中から選びます。

広告の主な目標を選択

次にビジネスの名前と広告出稿したいウェブサイトのURLを入力します。

ビジネスの説明を入力

つづいてターゲットとするユーザーの所在地を設定します。

ターゲットユーザーの所在地を選択

お客様の業種から最も近い商品、サービスを指定します。

商品やサービスを選択

広告を作成していきます。広告プレビューを見ながら、見出し、説明文を作成します。

広告を作成

作成した広告の予算を設定します。数字部分に直接入力するかもしくは青いボタンを動かします。1日あたりの最少額は\197、その場合の1か月の上限額は\6,000です。

広告の予算を入力

最後にお支払い情報を入力して終了です。

お支払い情報を入力

出稿した広告を取りやめたい

ログイン後、左上のメニューをクリックすると作成したキャンペーンが表示されます。一時停止したいキャンペーンをクリック。

Google広告の管理画面からキャンペーンを選択

キャンペーン枠左下にあるアイコンをクリックすると一時停止の黄色のボタンが出ます。選択しクリック。再開する場合は緑色のボタンになるよう設定しましょう。

該当のキャンペーンを一時停止

ブログやサイトをはじめたばかりで集客力が弱い、ある程度アクセスが伸びてきたので新しいことにチャレンジしたいなど、はじめる目的はさまざまです。ただ最終的には商品、サービスにかかわらず、クリック先のサイトがユーザーにとって役に立つ内容であること、そのための十分な情報が含まれているかを考えなければなりません。

まずは問題点や改善策を洗い出し、目的を明確にするところからはじめましょう。適切にGoogle広告を活用することでアクセス、収益アップにつながりますよ。