Twitterでブログ更新情報を配信中

Google Analyticsで自分のアクセスを除外する2つの方法!ChromeとFirefoxの設定

トラッキングコードを埋め込んで、いざ、アクセス解析!と言いたいところですが、自分のアクセスを取り除かなければ正しい分析はできません

理由は大きく分けて2つ。

  1. サイトに訪れた一般ユーザーとは動きが異なるため、各数値がブレる
  2. サイトの関係者は一般ユーザーと目的が異なるため、元の数値から除く必要がある

このように「動き」「目的」が異なるため、本来のユーザーの行動から見える「サイン」が数字に表れません。改善のきっかけを失うことで、次第にファンが離れることに。。

正しい数値を記録、分析するためにも、自分のアクセスを除外する方法をおさえましょう。

オプトアドオン(簡単な方法)

一番簡単なのは拡張機能を使う方法です。Googleストアからダウンロードしてすぐに使うことができます。無料ではありますが、とても優秀なツールですよ!

Chrome

Googleウェブストアにアクセスします。

chromeウェブストア

検索ボックスに「オプトアドオン」と入力してください。「Google Analyticsオプトアウトアドオン(by Google)」をクリック。

Google Analyticsオプトアウトアドオン

「Chromeに追加」で拡張機能を追加します。

chromeに追加

追加後、ブラウザの右上に同じアイコンが表示されていれば完了です。

シークレットモード、スマホでは機能しません。ご注意ください。

Firefox

Firefoxユーザーはこちらの方法で利用できますよ。ブラウザチェック時のカウント防止も兼ねて予め入れておくといいでしょう。

Googleアナリティクス オプトアウト アドオンのダウンロードページにアクセス。

Google Analyticsオプトアウトアドオンダウンロードページ

追加利用規約に「同意してインストール」してください。

追加利用規約

ダイアログの内容を変更せず「OK」をクリック。

gaoptoutaddon_1.0.8.xpiを開く

xpiファイルがダウンロードされます。

xpiファイルをダウンロード

ブラウザの右上にあるメニュー(三本のバー)から「アドオン」を選択。

ブラウザのアドオンを選択

「拡張機能の管理」が開きます。「オプション」をクリック。

拡張機能の管理のオプションを選択

メニューから「ファイルからアドオンをインストール」を選択。

ファイルからアドオンをインストール

追加を確認するダイアログが表示されるので「追加」をクリック。

Google Analyticsオプトアウトアドオンを追加しますか?

追加されるとこのようなダイアログが開きます。「OK」で閉じてください。

Google Analyticsオプトアウトアドオンが追加されました

再度「拡張機能の管理」を見ると、追加されたツールが一覧で確認できます。

拡張機能の管理を確認

IPアドレス(確実な方法)

拡張ツールよりはやや設定が多くなりますが、確実な方法はIPアドレスによる制限です。アナリティクスの設置はこちらの記事をご覧ください。

ユーザー分析に必須。Google Analyticsのアカウント作成からトラッキングコードの埋め込みまで

メニューから「管理」を選択します。

Google Analyticsの管理を選択

つづいてアカウントの列にある「すべてのフィルタ」を選択。

すべてのフィルタ

「フィルタを追加」をクリック。

フィルタを追加

「ビューにフィルタを追加」が開きます。「フィルタ名」を任意の名前で入力し、「フィルタの種類」を「カスタム」にしてください。

フィルタの種類をカスタムにする

「フィルタフィールド」を「IPアドレス」に設定します。

フィルタフィールドをIPアドレスにする

「フィルタパターン」にIPアドレスを入力します。グローバルIPアドレスは専用ページからご確認ください。

フィルタパターンにIPアドレスを入力

「ビューにフィルタを適用」では「すべてのウェブサイトのデータ」を選択して追加をクリック。

すべてのウェブサイトのデータを選択

これで指定したIPアドレスからのアクセスを除外できます。

固定IPアドレスの契約をしていない場合、一定時間が経つとIPアドレスが変わります。動的IPアドレスの方は、オプトアウトアドオンとの併用が最も確実です。

固定IPアドレスについては、他の記事でご紹介しています。ぜひご覧ください。

VPNでリモートワークも安心!固定IPアドレスによる安全なネットワーク接続

Googleの拡張機能「オプトアウトアドオン」と、アナリティクスの「フィルタ」を使って自分のアクセスを除外する方法を2つ見てきました。

IPアドレスが固定か動的かによってフィルタの利用は分かれるかもしれません。一時的な除外であれば問題ありませんが、毎回変更となると少し手間に感じますね。

注意書きに書いたように、両方の機能を使った方法が一番確実なので、どちらもできるよう覚えておくと後々役立ちますよ!