Twitterでブログ更新情報を配信中

FTPソフトといえばFileZilla!サーバーへの接続からファイルの転送まで

FileZillaをダウンロード

FileZillaの公式サイトにアクセスします。Download FileZilla Clientをクリック。

FileZillaの公式サイト

bit数を確認し、ダウンロードします。こちらはWindows7以降のWindowsに対応しています。

ダウンロードページ

ファイルの転送以外の機能は基本的に不要なのでシンプルなFileZillaを選びます。

FileZillaのダウンロード

FileZillaのインストール

ダウンロードしたexeファイルを起動します。

exeファイルを起動

プライバシーポリシーと利用規約を確認し、I agreeで同意します。

利用規約に同意

インストールオプションで利用するユーザーを選択します。パソコンを使う全ユーザー「Anyone Who uses this computer」か、現在ログインしているユーザーだけ「Only for me」をクリック。

利用ユーザーを選択

一緒にインストールする内容を選択します。Nextをクリック。

コンポーネンツを選択

インストール場所を指定します。Nextをクリック。

インストール場所を指定

ショートカットメニューを作りたいフォルダーを選びます。特に指定がなければCドライブ内にあるスタートメニューフォルダに追加されます。

ショートカットメニューの場所を選択

セキュリティソフトAvast Free Antivirusのインストールは任意です。不要の場合はDeclineをクリック。

Avast Free Antivirusを任意でインストール

圧縮ファイルソフトWINZIPのインストールも任意です。不要の場合はDeclineをクリック。

WINZIPを任意でインストール

Finishで完了です。

インストール完了

FileZillaとサーバーを接続

FileZilla起動後の画面はこちらです。ファイルからサイトマネージャーをクリック。

FileZillaとサーバーを接続

新しいサイトをクリックし、新規サイト部分に分かりやすく接続先の名称を入れます。

サイトマネージャ―の設定

サーバーにログインし、ホスト名、ユーザー名、パスワードの3点を確認します。エックスサーバーではサブFTPアカウント設定>FTPソフト設定から簡単に見られます。他のサーバーではサーバー情報もしくは契約時のメールを見るとよいでしょう。

サーバーのサブFTPアカウント設定

ファイルの転送

左がローカルサイトで自分のパソコンにあるデータ、右がサーバーのデータとなります。データの転送は左右いずれの場合もドラック&ドロップでOKです。

ファイルの転送

FTPソフトFileZillaのダウンロードからサーバーへの接続方法を解説しました。サーバーのファイル管理メニューからも各種データを編集、アップロードできますが、管理画面を開くまでには時間がかかります。

また、FTP接続で簡単にファイルのバックアップが取れるので、万が一、直接編集したファイルが破損したときにも復旧作業に役立ちます。バックアップデータが多くなりすぎたり、最新のアップロードファイル管理が難しい場合は合わせてGit管理するといいですよ!

【Git】サクッとGitをインストール&セットアップ!Windowsユーザー向けの導入方法