Twitterでブログ更新情報を配信中

upload_max_filesizeを超過。php.iniを編集してアップロードサイズ上限を変更する

WordPressに画像やテーマをアップロードするときにこのような表示が出てしまったことはありませんか?

「アップロードしたファイルはphp.iniで定義されたupload_max_filesizeを超過しています」

これは「アップロードサイズが規定を超えていますよ」という警告文です。でも使いたい画像を編集するのは面倒。外部からダウンロードしたテーマは圧縮済み・・・何を変更したらいいのか困りますよね。

そこで、php.iniの定義を変更してアップロードサイズを上げましょう!上限を引き上げることで、今後大きなファイルを扱うときに安心ですし、後から数値を変更できるので加減がわからない場合も大丈夫ですよ。

警告文を確認する

以下の画面が出ている方は、この先の手順で解決できます。今回の状況としては約4MBのテーマをXAMPPにアップロードした際に起きた現象です。

アップロードの警告文

php.iniのアップロードサイズを変更する 【XAMPP編】

XAMPPの管理画面からExplorerをクリックします。

XAMPPを起動

XAMPPが保存されている場所が開くので、「php」フォルダをクリックします。

phpフォルダを選択

「php.ini」ファイルをエディタで開きます。

php.iniを選択

839行目あたりに「upload_max_filesize」と記載があるので、数値を変更します。今回は100M(メガ)として、更新して保存してください。

; Maximum allowed size for uploaded files.
; http://php.net/upload-max-filesize
upload_max_filesize=100M

ファイルに変更を加えたので、起動中のApacheとMySQLを「stop」します。改めて「start」で再起動すると、変更後の内容が反映されているはずです。

ApacheとMySQLを再起動

無事にテーマがインストールされました!

テーマのアップロード完了

php.iniのアップロードサイズを変更する 【レンタルサーバー編】

レンタルサーバーの場合は、サーバー管理会社によって画面操作が変わってきます。こちらではエックスサーバーを使って数値を変更していきます。

まずはサーバーパネルにログインします。

エックスサーバーにログイン

つづいて「php.ini設定」をクリックします。

php.ini設定を選択

ドメイン選択画面になるので、アップロードサイズを変更したいドメインを選択します。

ドメインを選択

「upload_max_filesize」の数値を変更します。完了後、右下のボタンから確認画面へ進み、問題なければ変更するを押してください。

その他の上限枠について

max_execution_time

こちらはタイムアウトの時間です。処理時間が指定の数値を超えると強制的に処理を停止します。

スクリプトがパーサにより強制終了されるまでに許容される最大の 時間を秒単位で指定します。この命令は、いい加減に書かれた スクリプトがサーバーの負荷を上げることを防止するのに役立ちます。 デフォルトでは、30 に設定されています。

実行時設定 ― https://www.php.net/manual/ja/info.configuration.php

max_input_time

スクリプトが POST、GET などの入力を パースする最大の時間を、秒単位で指定します。 これは、サーバー側で PHP が起動してからスクリプトの実行を開始するまでの時間です。

実行時設定 ― https://www.php.net/manual/ja/info.configuration.php

memory_limit

こちらは使用したいメモリの上限を変更する際に使います。-1と入力すると無制限の状態になります。

post_max_size

こちらは送信できるデータのサイズを変更する際に使います。「upload_max_filesize」が1ファイルのサイズ上限であるのに対して「post_max_size」は1回のアップロードファイルのサイズ上限になります。

「post_max_size」が小さい場合は、「upload_max_filesize」を調整してもアップロードできないことがあるのでご注意ください。反対も同じです。

upload_max_filesizeの上限をphp.iniで変更する方法を2種類ご紹介しました。

数値の設定方法は、この他にも「htaccess」や「functions.php(Wordpressを使う場合) 」に記述する方法があります。基本的には「管理画面>php.ini>htaccess>functions.php」と考えてOKです。使用するサーバーにより優先順位、編集できるファイルは変わります。

構成設定用のファイルであればあるほど影響範囲が広くなるので、バックアップを取るなどして作業を行ってくださいね。