Twitterでブログ更新情報を配信中

【WordPress】ページにPDFを表示するならPDF Embedder。プラグインなしの対応もあり

IR資料や申込書などをサイトで表示、ダウンロードする際に採用されるPDF形式の文書。画像の投稿とは違い、専用のプラグイン個別のリンクを設定することで表示できるようになります。

今回はプラグインあり、なし両方の対応をご紹介していきます。使用するプラグインは「PDF Embedder。PDFの内容やイメージをページで表示するときに使います。

プラグインなしの場合は、詳細はこちらなどの文字列にリンクを設定し、クリックでファイルを開いて内容を確認する形をとります。

PDF Embedder

プラグインをインストール

プラグイン>新規追加で「PDF Embedder」と検索してください。下図と同じプラグインであることを確認し、今すぐインストール。

プラグインPDF Embedder

投稿記事にPDF Embedderを挿入

そのまま有効化し、投稿記事に移りましょう。一般ブロックからPDF Embedderを選択。

一般ブロックからPDF Embedderを選択

Click hereのメッセージをクリックします。

Click hereのメッセージをクリック

PDFをアップロード

メディア選択画面が開くので、PDFファイルをアップロードします。

PDFファイルをアップロード

保存、更新してページを確認しましょう。

保存もしくは更新

PDFファイルに複数ページある場合は矢印でページを切り替え、ズームしたいときは拡大縮小のアイコンで調整できます。

PDF Embedderはズームとページ切り替え可

プラグインを使わない場合は

他のプラグインとの競合を避けたいときはこちらの方法で挿入しましょう。

メディアからPDFをアップロード

メディアからPDFファイルをアップロードします。

メディアからPDFをアップロード

ファイルをクリックし、添付ファイルの詳細からリンクをコピーします。

添付ファイルの詳細からリンクをコピー

文字列にリンク設定

詳細はこちら(PDF)と入力した文字列にリンクを挿入します。表示されたダイアログには先ほどのURLをペーストしてください。

入力した文字列にリンクを挿入

保存、更新してページを確認しましょう。挿入したリンクをクリック。

挿入したリンクをクリック

クリック後、このような画面が開きます。

PDFページが開く

WordPressのページにPDFを表示させる方法をご紹介しました。

プラグイン有りでは、PDF Embedderを使ってページに埋め込む形で表示します。プラグイン無しでは、任意の文字列にリンクを設定し、クリック後にファイル内容が表示されました。

前者はページを開いてすぐに内容を確認でき、後者はページ遷移があるものの印刷やダウンロード機能が予め用意されています。掲載するデータの用途に合わせて挿入方法を選んでくださいね。