【 更新 】おすすめ記事はこちら

「TortoiseGit」のインストールと日本語化!Windowsユーザー向け

「Git」をインストールしたけれど、コマンド画面を操作するのは少しハードルが高い。。と感じていませんか。ネットで必要なコマンドは出てくるものの、できればもっと簡単に使いたいですよね。

Windowsユーザーなら「TortoiseGit(トータスギット)」がおすすめ!手順通りインストールすれば、右クリックのメニューから操作できるようになりますよ!また、言語パックのダウンロードで日本語化もできる、初心者に優しいソフトです。

早速「TortoiseGit」のインストールと日本語化までを行います。インストール前に「Git」のダウンロードを済ませてください。

TortoiseGitとは

「TortoiseGit」は「Git」をより簡単に使えるようサポートする、Windows向けのソフトフェアです。こちらは無料で利用できます。

「Git」は、一般的に、コマンドプロンプトという黒い画面にコマンドを入力して操作します。これを「CUI(キャラクターユーザーインターフェース)」といいます。

反対に、直感的に目に見える形で、つまりアイコンやマウスで操作することを「GUIグラフィカルユーザーインターフェース)」といいます。

「TortoiseGit」は後者で「Gitクライアント」とも言われます。「Git」を「GUI」操作できるソフトウェアを用いることで、簡単にコマンドと同じ操作ができるようになります。

この他にも「Source Tree」や「Smart Git」などの「Gitクライアント」があります。

WindowsのCUI

TortoiseGitをダウンロード

TortoiseGitの公式サイトから必要データを2点ダウンロードします。

TortoiseGitの公式サイト

まずはダウンロードメニューから「インストーラー」をダウンロードします。ビット数はこちらの手順で確認できます。

ダウンロードページ

つづいて「言語パック」をダウンロードします。こちらもビット数にあわせてセットアップファイルを選びます。

言語パックのダウンロードページ

インストーラーを起動

起動後「NEXT」をクリックします。

インストーラーを起動

Information

内容を確認し「Next」をクリックします。

お知らせ

Choose SSH Client

SSHの接続方法を設定します。「PuTTY」もしくはデフォルト。

SSHの接続方法

Custom Setup

インストールする場所と機能を設定します。

インストールする場所と機能

Ready to Install

インストールしていきます。

インストール

インストール完了

Finishでインストール完了です!

インストール完了

言語パックを起動

言語パックを起動して「次へ」をクリックします。

言語パックの起動

セットアップが完了したら「完了」をクリックします。

セットアップ完了

任意の場所で右クリックし、メニューから「TortoiseGit」>「設定」の順に進みます。設定画面が表示されたら全般から言語を日本語にします。これで日本語化完了です。

TortoiseGitを起動

インストール完了後のダイアログ

「TortoiseGit」のインストール後に「First Start Wizard」が表示されることがあります。ここから設定する場合は、ダイアログは一旦そのままにして言語パックをインストールまで完了させます。

「Refresh」をクリックし「日本語」を選択。

インストール後のダイアログ

文章が日本語になりました。「次へ」をクリック。

初期設定ウィザード

git.exeを設定します。基本的には変更せず「次へ」をクリック。

git.exeの設定

ユーザー情報を設定します。名前とメールアドレスを入力し「次へ」をクリック。

ユーザー情報の設定

認証/資格情報ストアを設定します。こちらも変更せず「完了」をクリック。

認証/資格情報ストアの設定

「TortoiseGit」のインストールと日本語化は以上になります。デスクトップ上で右クリックすると、いくつかメニューが追加されているはずです。

名前やメールアドレスを入力した設定画面は「TortoiseGit」>「設定」>「Git」で表示されます。後から変更することもできますよ。

コマンド操作なしで簡単にバージョン管理できるソフトウェアなので「Git」で何ができるのか調べるのに使ってもいいかもしれません。開発が初めての方は、試験的に入れてみてください。