【 更新 】おすすめ記事はこちら

「Sublime Text 3」のインストールと日本語化!Shift_JISの文字化け対応付き

サイト制作に欠かせないものといえば「テキストエディタ」。簡易的なものからコンパイル言語向きのエディタまで種類はたくさんあります。

Sublime Text 3」は、ユーザーが必要な機能を随時導入できる「拡張機能」や「入力補完機能」が入っているとても便利なエディタです。コーディングのスピードアップはもちろんケアレスミスの防止にも役立ちますよ!

今回はWindows64ビット版の手順で進めていきます。早速ダウンロードしていきましょう。

Sublime Textをダウンロード

「Sublime Text 3」のダウンロードページにアクセスし「Windows 64 bit」をクリックしてダウンロードします。

Sublime Text公式サイト

パソコンのスペックや種類がわからない場合は、下記の記事を参考にしてくださいね。

つづいてダウンロードした「Sublime Text Build 3207 x64 Setup.exe」を起動します。

次のダイアログではインストール先が出るので、必要に応じて任意の場所を指定します。Windows 64 bit版の既定のインストール先は「C:\Program Files\Sublime Text 3」です。

exeファイルを起動

最後に、エクスプローラのコンテキストメニュー(右クリック時に出てくるメニュー)に「Sublime Text 3」を追加する場合はチェックを入れ、Install、Finishと進みます。

Package Controlのインストール

「Sublime Text 3」をインストールしたあと「Package Control」をインストールします。これは便利なツールを使うためのプラグインと考えてください。「Install Now」をクリックします。

Package ControlのInstall Nowを選択

次のページで Sublime Text 3のタブが開かれていることを確認し、枠内の内容をコピーします。

Sublime Text 3のタブ内容をコピー

インストール先(既定ではC:\Program Files\Sublime Text 3)の「sublime_text.exe」をクリックしてエディタを起動します。

エディタ上部のメニューから View > Show Consoleの順に進むと、下に入力欄が出てきます。先ほどコピーしたコードを貼り付けてEnter。

テキストエディタの入力欄にペースト

エディタ上部のメニューに「PreferencesにPackage Control」が追加されていれば問題なくインストールされています。

メニューの日本語化

メニューが英語のままでは使いづらいので日本語化していきます。Preferences> Package Controlと進むとメニューが開くので「Package Control: Install Package」と入力し、同じものを選んでください。

Package Control: Install Packageと入力

つづいて、パッケージ名「ChineseLocalizations」を選びます。メッセージが表示され、メニューが日本語化されていれば完了です。

インストール後は、 ヘルプ > Languageで表示されている言語を変更できます。

ヘルプのLanguageから言語変更可

Shift-JISやEUCの文字化けの対処法

「Sublime Text」は、デフォルトで「Shift-JIS」や「EUC」などの日本語に対応していないため、ファイルを開くと文字化けしてしまいます。そこで、日本語化の手順と同じように専用プラグインを入れる必要があります。

今回インストールするのは、下記の2つです。

  • Convert To UTF8
  • Codecs 33

まずは Preferences(基本設定)> Package Controlと進み「Package Control: Install Package」を選びます。つづいて「Convert To UTF8」と入力しインストール。この時、念のためエディタを再起動してください。

Package Control: Install Packageと入力

次に「Codecs33」をダウンロードします。GitHubのページにアクセスし「Clone or Download」からzipファイルをダウンロード。完了後ファイルを展開し、フォルダ名を「Codecs33-osx」から「Codecs33」に変更します。

GitHubのCodecs33のページ

Sublime Text 3のPreferences(基本設定)>Browse packages(Packagesフォルダ)をクリックしたときに開かれるフォルダへ「Codecs33」を一式入れてください。

PackagesフォルダにCodecs33を移動

他にも便利なツールを追記していきますので、作業の効率化に役立ててくださいね。コーディングに慣れてきたら、次のステップとしてSublime Text 3をおすすめします!