Twitterでブログ更新情報を配信中

HTMLを静的生成!Movable Typeのインストールとサーバー設置方法

CMSサイトの構築には「動的生成」と「静的生成」の2つのタイプがあります。「Movable Type」は主に後者の特徴により、HTMLファイルを作成できる点で評価されています。

静的なサイトやページは人や行動に関わらず同じページが表示されます。

サーバーで読み込む必要がないため、サーバーに負担をかけることなく素早くサイトやページが生成され、見られるようになります。階層の深いサイトでは特に効果的です

反対に「WordPress」は「動的生成」タイプで、PHPファイルにより構成されています。

例えば、入力フォームに未入力箇所があれば進めないなど、人や行動に応じて適切なファイルを読み込んで、内容が変わります。

この時、サーバーからの応答を待つため、タイムラグが発生し、遅く感じることがあります

「Movable Type」は、サーバーの負担軽減やブラウザの表示速度を考慮する場合に有効です。今回は「ソフトウェア版 無料トライアル」を使ったインストール、設置をしていきます。

はじめに

サーバーやドメインを用意して運用する方は、こちらの記事をご覧ください。

お名前ドットコムで独自ドメインを取得。トップレベルドメインや取得条件とは

ネームサーバーの設定。取得した独自ドメインとサーバーを接続する

Movable Typeをダウンロード

Movable Typeの公式ページにアクセスし、「ソフトウェア版 無料トライアル」から「お申込みフォーム」に進みます。

Movable Typeの公式サイト

申込完了後に届くメールのリンクからデータをダウンロードします。

ダウンロード完了

データベースを作成

サイトのデータを保管するためのデータベースを用意します。サーバーのMySQL設定もしくはphpMyAdminなどからデータベースを作成してください。

データベースを作成

「MySQLユーザ追加」などでユーザーを追加します。

MySQLユーザ追加

「MySQL一覧」から「アクセス権所有ユーザ」として追加します。

アクセス権所有ユーザ追加

ダウンロードデータを転送

先ほどダウンロードしたデータを展開し、全てサーバーに転送します。

ダウンロードデータを転送

FileZillaなどのFTPソフトを使って転送してください。

FTPソフトといえばFileZilla!サーバーへの接続からファイルの転送まで

転送完了後、ルート直下にあるCGIファイルのパーミッションを変更します。

CGIファイルを選択

該当の全てのファイルを選択し、右クリックします。「パーミッションの変更」を選択。

パーミッションの変更

属性値を「700」に変更し「OK」で閉じます。

属性値を700にする

初期画面を開く

アドレスバーに「http(s)://サイトURL/mt/mt.cgi」と入れると、インストール画面が開きます。

初期画面を開く

次へをクリックします。

システムチェック

データベースの種類を選びます。ここでは推奨の「MySQL」を選択。

データベース設定

「データベースサーバ」「データベース名」「ユーザー名」「パスワード」の4項目を入力します。

必要項目を入力

データベースサーバは「MySQL設定」などにある「ホスト名」を指定します。

接続テストが完了したので次へ進みます。

データベース設定完了

システムメールアドレスを入力します。メール送信プログラムは必須ではないので飛ばしてOKです。

メール設定

構成ファイル完了の旨が表示されます。次へをクリック。

構成ファイル設定完了

アカウントを作成します。「ユーザー名」「表示名」「電子メール」「使用言語」「パスワード」「パスワード確認」の6項目を入力します。

アカウント作成

インストールが完了したら「Movable Typeにサインイン」します。

ダッシュボード

これで「Movable Type」のインストールとサーバーへの設置は完了です。「WordPress」を使っている方は、流れがほとんど同じことに気づいたかもしれませんね。

どちらもサーバーにデータベースを作り、ダウンロードデータを設置していきます。唯一の違いは「パーミッション」の設定ですね。「Movable Type」では、属性値を「700」に変更せずにアクセスするとエラー画面が開きます

中規模~大規模向けの階層が深いサイトを作るときは、表示速度の改善やサーバーの負担軽減を考えて「Mobavle Type」を選択肢の一つに加えると幅が広がりますよ!