【 更新 】おすすめ記事はこちら

【WordPress】同じ日付が表示されないときは「the_time」で取得する

テーマをカスタマイズしていると、テンプレートタグを使う機会が増えますよね。WordPressはブログを運営するためのソフトなので、投稿日時の表示は欠かせません。

「the_date」は投稿日時、「the_time」は投稿時間として区別されています。ただし「the_date」を使うと同じ日付の場合、空白になる仕様があります

レイアウト崩れの原因にもなるので、特にこだわりがなければ「the_time」を使うことをおすすめします。それでは使い方を確認していきます。

the_timeの出力方法

出力方法は「the_date」も「the_time」も同じで、<?php ~(); ?>で囲みます。

<?php the_time(); ?> 

the_timeのパラメータ

日付は、年をY、月をm、日をdで指定します。シングルクォートで囲み、その中に出力したい年月日の文字列を記述します。2019年〇月〇日を例にします。

<?php the_time('Y年m月d日'); ?> 

パラメータを指定しないときは

パラメータを指定せずに「the_time」で出力したときは、WordPressの設定により表示方法が変わります。管理画面の「設定」>「一般」からフォーマットを選びましょう。

今回の場合は、時刻フォーマットと同じ形式で出力されます。

Wordpressの一般設定

ネットで調べものをしたときに日付表示があると、参考にすべきかの判断材料になりますよね。例えば、ニュースやトレンドなどは、最新情報に価値があるジャンルです。

このように、いつの情報か分からない記事は避けられてしまいます。流動性のあるジャンルを書いているブログは、間接的なSEO対策として日付部分も意識しましょう。

同じ日の投稿がないと見逃しやすい部分です。日付は「the_time」と覚えておくといいでしょう。