Twitterでブログ更新情報を配信中

【WordPress】URLにある「wp」の消し方!WordPressアドレスを変更した時の復旧法

WordPressで作ったサイトを公開するときに、URLの末尾にある「/wp」に気づく方もいるかもしれません。運営上不都合はないので、入れたままにしているサイトも見かけます。

ただ、独自ドメインで好きな文字列にした場合は気になりますし、何よりWordpressで作ったことが一目で分かります。WordPressはオープンソースのソフトウェアのため、悪意のあるハッカーに狙われる恐れがありますからwpを消したほうが安全です。

今回はサーバーに用意したWordpressサイトの「/wp」を消す方法をご紹介します。

サイトアドレスの/wpを削除

管理画面の設定から一般設定を開きます。サイトアドレスの「/wp」だけを削除します。この時、上のWordPressアドレスは変更しないでください。

Wordpressのサイトアドレス

ブラウザで確認するとアドレスを変更したので403エラーでサイトが見られなくなります。

403エラー

サーバーのファイルを編集

FTPで接続するかサーバーのファイル管理画面からwpフォルダを探し、「.htaccess」と「index.php」をダウンロードします。

サーバーから.htaccessとindex.phpをダウンロード

index.phpをテキストエディタで開きます。最後の行にあるコードに「/wp」を追加します。

index.phpファイルに/wpを追記

先ほどダウンロードした2つのファイルをwpフォルダと同じ階層にアップロードします。

サーバーのwpフォルダと同じ階層にアップロード

これでサイトアドレスと同じURLで表示されるようになります。

サイトが表示される

WordPressアドレスを変更してしまったら

サイトアドレスではなくWordPressアドレスを変更してしまったら、データベースの内容を書き換える必要があります。

簡単インストールでインストールした場合は、インストール済みWordpress一覧などから先に確認しましょう。データベースは自動生成もしくは作成済みのものを使用しているはずです。

サーバーのデータベースを確認

MySQL設定の一覧から対象のデータベースを確認します。エックスサーバーの場合は、データベースへアクセスした際にデータを編集するためのアカウントを追加する作業があります。

アクセス所有権ユーザーに対象のユーザーが入っていない場合はアクセス権未所有ユーザーから追加しましょう。

エックスサーバーはアクセス所有権ユーザーに注意

つづいてphpmyadminへユーザー名とパスワードを入力してログインします。パスワードを忘れた場合はMySQLユーザー一覧から再設定しましょう。

左のメニューから対象のデータベースをクリックすると下記のような画面が開きます。その中の「wp_options」をクリック。

データベースからwp_optionsを選択

siteurl行のoption_valueに「/wp」を追加します。これでサイトの復旧は完了です。

siteurlのURLに/wpを追記

今回はWordpressのURLにある「/wp」を消す方法をご紹介しました。ただし、Wordpressをインストールする階層により対応は変わります。もし、wpディレクトリを作らずに直下にwp-contentなどをインストールした場合は、/wpは表示されません。

解説と同じように、一番上のルートディレクトリ内にwpを用意して、直下にwp-contentなどの複数のデータを設置する形が一般的です。

/wpを消すことでURLの見た目もよくなりますし、セキュリティ対策になりますから早めに対応していきましょう。