【 更新 】おすすめ記事はこちら

【WordPress】カスタム投稿を「Custom Post Type UI」で作成

既存の投稿と分けて記事を管理したいときは、カスタム投稿を利用します。

例えば、「製品情報」や「お客様の声」を通常の「お知らせ」と違う区分にするなど

ちなみに、投稿を分けなくても問題はありません。

不都合があるとすれば、管理画面の投稿記事がバラバラで見づらい、ということくらい。

ページへの表示はコードを書き換えるだけで内容を制限できますが、

管理画面の投稿をカテゴリ別に表示するのは、絞り込み機能を使わないとできません。

もしくは、並べ替えプラグイン「Intuitive Custom Post Order」あたりを使って、普段から記事を整理するか・・・。

代わりの措置が「少し面倒」と思ったら「Custom Post Type UI」で分けて作成、管理するとスムーズです。

Custom Post Type UIとは

既存の投稿と分けて記事を作成、管理(=カスタム)するためのプラグイン。

インストール後、管理画面に追加される「CPT UIについて」から「投稿タイプ」と「タクソノミー」の追加、編集ができます。

投稿タイプ

投稿や固定ページで設定するパーマリンクの「スラッグ」のようなもの。厳密には、各記事のスラッグの「前に」入ります

タクソノミー

「カテゴリー」や「タグ」の総称で、「分類」を表す英単語。特にカスタム投稿のタクソノミーは「カスタムタクソノミー」と言われます。

「カスタム投稿」は「投稿タイプ」だけで使うこともできますが、分類ができないので、かなり不便。

つまり「タクソノミー」がないと「投稿タイプ」の記事同士を関連づけられないため、記事単体として扱う形になります。

「タクソノミー」は「投稿タイプ」なしでも使用可能。ただ、使い方としては稀です。

プラグインをインストール

「プラグイン」から「新規追加」をクリック。

Custom Post Type UI」で検索して、以下と同じものをインストールします。

Custom Post Type UIを今すぐインストール

つづけて「有効化」すると、左側のメニューに「CPT UI」が追加されます。

CPT UIがメニューに追加

投稿タイプの追加と編集

「CPT UI」から「投稿タイプの追加と編集」を開きます。

投稿タイプの追加と編集

投稿タイプの基本設定

「基本設定」の「投稿タイプスラッグ」に、投稿を管理する名前(スラッグ)を「半角英数字」で入力。

投稿タイプスラッグ

つづけて「複数形のラベル」「単数形のラベル」を設定します。

複数形、単数形とはなっていますが、日本語の場合は意識しなくてOK。任意の名前を入力。

複数形と単数形のラベル

既存メニューの「投稿一覧」と同じ形で、カスタム投稿メニューに「ラベル」が表示されます。

投稿タイプの詳細設定

「設定」の調整は自由です。ここでは、既存の投稿に合わせた設定内容をご紹介します。

アーカイブ

「投稿タイプスラッグ」に設定したスラッグで、アーカイブページを作成するための項目です。

基本的には「」を選びます

アーカイブありを真に設定

サポート

次の「サポート」項目は、作成したカスタム投稿の編集画面につける各種機能の要否。

ここでチェックしたものが、ページ作成画面の右側に表示されます。

機能無効化の「なし」を除いて、全てにチェック

サポート機能にチェック

タクソノミー

こちらは「タクソノミーの追加と編集」が終わったあとに、改めて設定してください。

作成したタクソノミーにチェック

分類に利用するメニューを選択。追加した「カスタムタクソノミー」にチェックします。

特別な理由がない限りWPコアは使いません。

タクソノミーの追加と編集

「CPT UI」から「タクソノミーの追加と編集」を開きます。

タクソノミーの追加と編集

タクソノミーの基本設定

「基本設定」の「タクソノミースラッグ」に、分類を管理する名前(スラッグ)を「半角英数字」で入力。

タクソノミースラッグ

「投稿タイプ」と同じように「複数形のラベル」「単数形のラベル」を設定します。

こちらも複数形、単数形となっていますが、日本語なので意識しなくてOK。

複数形と単数形のラベル

「利用する投稿タイプ」は追加した「投稿タイプ」にチェックします。

作成した投稿タイプにチェック

タクソノミーの詳細設定

「設定」の調整は自由です。ここでは、既存の投稿に合わせた設定内容をご紹介します。

階層

「階層」の項目は、カスタムタクソノミーを階層化(親子関係をもたせること)できるよう、

基本的には「」を選びます

階層を真に設定

「真」の場合はカテゴリー、「偽」の場合はタグ、の使い方になると覚えるのが分かりやすいかも。

カスタム投稿の作成例

ここまでの内容を「投稿タイプ」「タクソノミー」に分けて、サンプル用にまとめています。

参考までに、ご利用ください。

投稿タイプ項目設定値
投稿タイプスラッグproduct
複数形のラベル製品
単数形のラベル製品
アーカイブ
サポート全てチェック(なしを除く)
タクソノミー製品タクソノミー

今回は、製品情報なので「product」にしました。お客様の声なら「voice」など。

タクソノミー項目設定値
タクソノミースラッグproducts
複数形のラベル製品タクソノミー
単数形のラベル製品タクソノミー
利用する投稿タイプ製品
階層

「タクソノミースラッグ」を「products」にしましたが「taxonomy-products」でもOK。

おわりに

カスタム投稿で記事を分けられるようになると、中~大規模サイトにも対応できるようになります。

今回使った「Custom Post Type UI」なら、簡単な操作で情報を増減させられるので、サイト規模に合わせて柔軟に開発することが可能。

設定項目が多いので、途中で内容を忘れてしまったときは「投稿タイプを表示」のタブから確認してください

登録済みの「投稿タイプ」と「タクソノミー」の情報が一覧で表示されます。

参考までになりますが、PHPでテンプレート開発する場合は「テンプレートの階層」の情報が結構重要。

作成した情報がどのファイルに表示されるか分からないときに、優先度順に並んだ例が役に立ちますよ。