Twitterでブログ更新情報を配信中

【WordPress】「.htaccess」でセキュリティ強化!ログイン画面をアクセス制限する

外部からログイン画面にアクセスされないよう制限をかけていますか?Wordpressで作られたサイトは専用のURLを入力すると管理者用のログイン画面が開いてしまいます。

情報の漏洩や改ざんを防ぐ第一歩として、ログイン画面へのアクセス制限が有効です。プラグインやサーバーからの操作では覚えることが多く、違いもありますから、Wordpressのサイトに共通した制限方法をおすすめします。

.htaccessの作成方法

.htaccessを作成

メモ帳を開き「.htaccess」の名前で保存してください。

.htaccessを作成

ファイルには例として以下のように記載します。「192.168.00.00」のみ許可する設定です。

Order deny,allow
Deny from all
Allow from 192.168.00.00

.htaccessの書き方

書き方を順に見ていきます。まず「Order(順番)」では「Deny(拒否)」と「Allow(許可)」の順番を指定します。それぞれ①、②の順で制限を実行します。

Order deny,allow … ①拒否 ②許可
Order allow,deny … ①許可 ②拒否

全てを拒否してから特定のアクセスを許可する「Order deny, allow」の方法が多く使われています。

拒否するアクセスを指定します。今回は特定のアクセス以外拒否したいので、ここでは「all(全て)」とします。

Deny from all

許可するアクセス情報を指定します。IPアドレスの場合はグローバルIPアドレスを調べる必要があります。cman.jpなどで確認できます。

Allow from 192.168.00.00

固定IPアドレスではない場合、一定の間隔でアドレスが変わります。ご注意ください。

アクセス制限に使えるのは、次のうちいずれかの方法です。

  1. all
  2. IPアドレス
  3. ドメイン名
  4. ホスト名

管理画面(wp-admin)を制限

「管理画面へのアクセス制限」をしたい場合はこちらを使います。

wp-adminに設置

「wp」直下にある「wp-admin」の中に.htaccessのファイルを転送しましょう。転送にはFTPソフトを使います。

wp-adminに設置

FTPソフトはFileZillaが分かりやすくおすすめです!こちらの記事で詳しく解説しています。

FTPソフトといえばFileZilla!サーバーへの接続からファイルの転送まで

「https://サイトURL/wp-admin」と入れて管理画面にアクセスできればOKです。

ダッシュボードにアクセス

ログイン画面(wp-login.php)を制限

「ログイン画面へのアクセス制限」をしたい場合はこちらを使います。

.htaccessに追記

# END WordPressのあとに以下をペーストしてください。Allow fromは許可するアクセス情報に置き換えてください。詳しい書き方は「wp-adminの書き方」をお読みください。

<Files wp-login.php>
Order deny,allow
Deny from all
Allow from 192.168.00.00
</Files>

wp-login.phpに設置

「wp」の中にある.htaccessを探します。

.htaccessを探す

「https://サイトURL/wp-login.php」と入れてログイン画面にアクセスできればOKです。

ログイン画面にアクセス

アクセス制限された場合

許可したアクセス情報と異なる場合はこのような画面が開きます。

アクセス制限の表示

意図せず開いたときは次の2点をご確認ください。

  1. 固定IPアドレスか(動的IPアドレスではないか)
  2. 設定方法に誤りがないか

不正なアクセスに対し「IPアドレスの記録」や「アクセスされた旨を管理者に警告する」などの対策が一般的にされています。設定を確認の上、作業は慎重に行いましょう。

固定IPアドレスについては、こちらの記事をご覧ください。

VPNでリモートワークも安心!固定IPアドレスによる安全なネットワーク接続

管理画面(wp-admin)やログイン画面(wp-login.php)へのアクセスを制限することで、関係者以外からの不正な操作を阻止できます。

オープンソースのソフトウェアとして世界中で使われている一方で、その手軽さやカスタマイズ性の高さもありセキュリティ強化の必要性が叫ばれているのが現状です。

特定のアクセスに限定して、早期に情報の漏洩や改ざんを防ぐセキュリティ対策をしていきましょう。